このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

TMRからのお知らせ

第2回「下関市まちづくり構想検討委員会」を開催します

220831_shimonoseki_machi

自分の住むこの街にもこんなものがあったらいいな。
それを一緒に考えよう。

 弊社では、中心市街地の空き家、空き店舗などの遊休不動産をリノベーション手法により再生することで、ビジネスと雇用を生み出し、不動産や建築物件の単体だけではなく、まち(エリア・地域)の価値を高める「リノベーションまちづくり」事業を下関市より受託し、事業活動を展開しております。
 
 今年度(令和4年度)は、まちづくり戦略となる「リノベーションまちづくりガイドライン(仮称)」を策定する予定です。公民連携を通じたリノベーションの手法により、今ある建物や街並みを活かし、エリアを再生するためのガイドラインです。

 ガイドライン策定にあたり、「下関市まちづくり構想検討委員会」を開催し、民間事業者等の活動を活発化させ、志ある不動産オーナーや主体的に活動する市民や事業者とともに、これからのまちづくりについて議論を行います。

 第2回は「空間資源の活かし方」をテーマとし、自分の住むこの街にも『こんなものがあったらいいな』を一緒に考えていきます。

 どなたでもご参加いただけます(一般聴講可能です)が、事前申し込みが必要です。応募者多数の場合は、抽選となります。

 まちづくりに興味のある方は、是非お気軽にお申込みください。

下関市まちづくり構想検討委員会
第2回:まちを変えるコンテンツ

テーマ
● 低利用・未利用の公民不動産について
● 遊休不動産の活用にあたり課題は何か
● 遊休不動産を活かす下関らしいコンテンツは

講師/嶋田 洋平(しまだ ようへい)
株式会社らいおん建築事務所 代表取締役
株式会社北九州家守舎 代表取締役
1976年、福岡県北九州市生まれ。東京理科大学大学院修士課程修了。北九州市小倉北区の「魚町商店街」にて、遊休資産のリノベーションを通じた活動が評価され、「国土交通大臣賞」、「都市住宅学会・業績賞」などを受賞。主な著書に、「ほしい暮らしは自分でつくる ぼくらのリノベーションまちづくり」など。

会場:下関市役所 本庁舎西棟5階・大会議室
日時:2022年8月31日(水) 18:00~20:30(17:30開場)
定員:20名(参加無料/応募者多数の場合は抽選)

※ お申込みに際して
・どなたでもご参加いただけます
・事前のお申込みが必要です
・応募者多数の場合は、抽選となります
・抽選結果は、8月29日(月)までにお知らせします

【申込方法】
下記URLよりお申込みください。
webからのお申込み以外の場合は、下記の運営事務局へお電話ください。
https://bit.ly/machi220831

案内チラシ(PDF:2MB)

【運営事務局】
RENOSTA.(リノスタ/リノベーションまちづくり下関)
TEL. 083-227-4404
E-mail. service@tmr-inc.jp

【運営会社】株式会社リージョナルマネジメント
【事業主体】下関市(リノベーションまちづくり等を活用した新たな人通り創出モデル事業)